香港 法人税制について

香港法人税制について

香港法人税制について

 

香港の税制は、日本と比べて税の種類が少ない上に仕組みも簡素で、
税率も非常に低く抑えられています。

 

さらに税非課税方式による二重課税の排除(オフショア所得非課税)といった、
タックスヘイブン税制の特徴を兼ね備えていることも事実です。

 

ただし、会計監査や税制申告、取締役会の開催が義務付けられている点など、ケイマン諸島やバミューダ諸島のように完全無税で、企業法なども存在しないに等しい国々とは、根本的に違うことを理解する必要があります。あくまでも香港は、正当な経済活動と国際的な企業活動に対して、税制面が優遇されている地域であると捉えるべきです。

 

香港法人税制の特徴

 

1.低税率
所得税にせよ法人税にせよ、その税率が他の国や地域と比較して格段に低く抑えられていることが、最も大きな特徴で、タックスヘイブン国として広く知られる所以です。

 

2.簡素な税制
単に低税率であるだけでなく、その税制は非常に簡素に作られており、また、それぞれの内容は極力簡明になるように規定されています。

 

3.税非課税方式による二重課税の排除
香港内源泉所得(=オンショア所得)しか課税対象としないため、香港外で得た所得(=オフショア所得)は原則として全て非課税扱いになります。このことをオフショア所得非課税といいますが、香港と香港外の国の両方から二重に課税される可能性を香港側があらかじめ課税を放棄することによって防いでいます。また、香港では個人も法人も受取配当金に課税されません。これは受取配当金に課税して二重課税になってしまうことを防ぐためです。一般に二重課税を排除する方法には、税額控除方式と非課税方式の二通りありますが、香港は簡素な税制という大原則に従ってより簡便な非課税方式を採用しています。

 

4.源泉徴収制度
香港では、非居住者へのロイヤルティの支払いなどごく一部の例外を除き、源泉徴収制度を採用していません。したがって、納税義務者は全ての税金について確定申告を行います。

 

5.予定納税制度
源泉徴収制度を採用していないことは、一方で、徴収漏れのリスクが課税上大きな問題となってきます。非居住者に対しては実効性のある徴収方法が他にないことから、源泉徴収制度を採用せざるをえませんが、香港居住者に対しては源泉徴収制度ではなく、予定納税制度を採用することによって、この問題をクリアしようとしています。

 

6.賦課納税制度
日本の法人税や所得税は、確定申告時に自ら税額計算を行い、それに基づいて納税する制度であるから、一般に申告納税制度と呼ばれます。一方、香港の法人税や所得税は、確定申告時に自ら税額計算を行うところまでは日本と同じですが、その申告書自体は参考程度の位置づけであり税額自体はあくまで税務当局が決定するところに大きな違いがあります。つまり、香港の場合は、税務当局から発行された賦課税額決定書をもとに納税を行うことになります。

 

 

香港の税金の種類

香港では、日本の消費税や贈与税、相続税に相当する税金はなく、非常に簡素で税金の種類が少ないのが特徴で、以下のとおりです(各税率は2011年1月現在のもの)。

 

事業所得税

香港を源泉とする事業所得に対して課税される。
法人税率16.5%、個人税率15%

給与所得税

香港を源泉とする給与所得に対して課税される。
標準税率15%、累進税率2〜17%

資産所得税

香港を源泉とする不動産の賃貸所得に対して課税される。
標準税率15%(賃貸所得=賃貸収入−固定資産税−賃貸収入×80%)

事業登録税

香港で事業を営むすべての法人・個人が納税義務者となる。
徴税金額HK$450

印 紙 税

香港内における不動産売買契約書や賃貸契約書、株式譲渡契約書等の課税文書の作成者が納税義務者となる。
HK$100〜売買価格の4.25%

固定資産税

不動産の評価額に対して課税される間接税であり、不動産の所有者と借り手が納税義務者とされている。
政府当局の毎年の査定に基づく賃貸市場評価価格の5%
※一定条件下でさらに賃貸市場評価価格の3%の借地料も加算

車両登録税

車両の価格に対して課税され、輸入者(所有者)が納税義務者となる。
車両価格の35〜100%(タクシー3.7%等、特定の車両には優遇措置有)

物 品 税

酒類、たばこ、石油等の特定の物品の輸入者が納税義務者となる。
ワイン及びアルコール度30%未満の酒類:0%
アルコール度30%以上の酒類:100%
紙巻きたばこ:HK$1,206/1,000本
その他のたばこ:HK$296〜1,553/キログラム(種類による)
石油類:HK$2.89〜6.82/リットル(種類による)

賭 博 税

宝くじ、サッカーくじ、競馬などの賭博の収入者が納税義務者となる。
宝くじ(マークシックス):25%
サッカーくじ:50%
競馬:40〜75%

 
香港法人設立top 香港法人設立の流れ 類似商号調査 申し込み お問い合わせ 会社概要