香港 口座開設のメリット

香港法人銀行口座開設

香港銀行口座開設のメリット

 

香港銀行口座を持つ理由

 

香港の魅力的なビジネスツールとして最も優れているものの一つに銀行サービスがあります。為替に対する規制は無く、インターネット上から国外・海外への送金が安価な手数料で実行できます。

 

日本国内の場合一部の例外を除き海外送金する場合、銀行窓口に行く必要があります。またその手数料は香港とは比較にならないほどかかります。一刻を争うビジネスを運用する上で、窓口の営業時間にとらわれることなく資金を実行することができるメリットは便利で強力なビジネスツールといえます。

 

香港法人口座を持つことによって資金決済利便性を得ることができ、また、マルチカレンシー口座を持つことによっての為替リスク軽減を図ることも可能になります。

 

 

海外でご活躍の方や海外出張、海外旅行の多い方に便利です。

 

クレジットカードは現金に代わるものとして、すでに必要不可欠のものとなっています。

 

海外に銀行口座を持ち、その銀行でのクレジットカードで海外旅行・出張時の出費の決済が出ると便利です。また、現地通貨や米ドル決済のカードを発行している場合も多く、決済を現地通貨でできる場合もあります。

 

現地通貨が必要な場合、提携ATMが使えるのでキャッシングも可能。日本国内のATMでは当然円を引き出すこともできます。また、クレジットカードはIDとして使用されることもあります。

 

 

リスクを分散し、資産の保全や投資に役立ちます。

 

預金という例をとっても、円だけではなく香港ドルをはじめとした、米ドルなどの他の通貨を持つことで資産に対するリスクを分散することが可能になります。金利の高い通貨を選択することや、為替手数料を減らすこともできます。

 

 

日本にいながら、迅速に海外への送金ができます。

 

例えば為替証拠金取引をしている場合、証拠金の追加が必要な場合が出てくることがあります。インターネットで24時間世界中に送金をすることができるのが香港の銀行の大きな利点の一つです。銀行の営業時間やカウンターサービスに縛られることなく資金決済、送金ができることは投資をする上での要点といえます。

 

 

高い格付けを維持している銀行が多い。

 

日本でも銀行や証券会社の経営状態や信用度を表す格付けは一般的な指標として認められるようになりました。

 

例えばHSBCは現在でも高い格付けを維持しています。(Moody's Aa3, S&P AA-)

 

もちろん格付けが全て正しいというわけではなく、それを鵜呑みにする必要はありません。しかしながら情報の限られている海外機関の信用を見る上では重要な情報源と言えます。

 

世界の主な格付け機関にはMoody's、S&P、Fitch等があります。因みに国内では格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)があります。

 

 

相続税対策

 

香港の銀行に口座開設する際には、「共同名義」で口座開設することが可能です。共同名義の口座のことを「ジョイント口座」といいます。

 

例えば夫婦二人の共同名義で口座開設した場合、ご主人が死亡した場合、香港の法律では、その口座は奥様の所有となり相続税はかかりません。しかし、日本在住の場合は、相続税がかかるので注意が必要です。

 

もし、お子様が18歳以上であれば、お子様を共同名義人として追加できます。その口座は奥様とお子様の名義になりますので、奥様が死亡した場合でも香港法では相続税がかからずに済みます。しかし、あくまでも香港法の下のしくみであり、香港でこの方法を取ったからといって日本法の適用から除外されるということはないので、注意が必要です。

 

しかし将来的に移住という決断をするのであれば、相続税対策の奥の手を確保しておくというオプションにはなります。

 

 
香港法人設立top 香港法人設立の流れ 類似商号調査 申し込み お問い合わせ 会社概要