香港 法人税制のQ&A

香港法人税のQA

香港法人税のQ&A

 

香港法人設立QA 香港法人は毎年どのような税金が課されますか?
香港法人設立QA 香港法人が毎年政府に支払う税金は法人税(単年度の純利益の16.5%)のみです。
もし、当該企業はその年度によって収益がなかった場合、法人税も支払う必要はありません。

 

 

 

香港法人設立QA 香港法人の決算日はいつですか?
香港法人設立QA 香港法人の通常決算日は毎年の3月31日或いは12月31日となります。但し、新規香港法人については、最初の税金決算日を法人設立から最大で18ヶ月までにも延長できます。

 

 

 

香港法人設立QA 香港に製品を輸入するのに関税は課されますか?
香港法人設立QA タバコ、アルコール及びガソリン以外の製品に対しては、一般的に、輸出入関税は発生しませんが、通関手続きが必要です。

 

 

 

香港法人設立QA BHCSは香港法人の会計、税務申告業務サービスを提供していますか?
香港法人設立QA はい、しています。必要書類をご提出して頂ければ、香港法人の会計、会計監査及び税務申告をお手伝いいたします。料金は実際の作業の内容によりますので、詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

 

 

香港法人設立QA 香港の税制を教えて下さい。
香港法人設立QA 香港には主に3つの税目があります。即ち、法人税、給与所得税と不動産税です 。法人税の税率は16.5% (2007/08:17.5%)で、会社が香港での経営によって獲得した利益が課税対象となります。給与所得税は、給与所得をベースに累進税率で計算され、税金負担金額の上限は総収入の15% (2007/08:16%)です。不動産税の税率は家賃収入から20%の修繕及び支出の標準免税額を控除した上で、15% (2007/08:16%)の税率で課税されます。

 

 

 

香港法人設立QA 香港税務条例には、寄付の控除について何の制限がありますか?
香港法人設立QA 認可済みの公共慈善機構に寄与した金額が控除できます。但し、寄付の総額は100香港ドル以上課税利益の35% (2007/08:25%)以下とします。

 

 

 

香港法人設立QA 香港法人の利益は過年度の赤字と相殺できますか?
香港法人設立QA単年度に発生した赤字は、その後の年度の利益と相殺できます。

 

 

 

香港法人設立QA 暫定納付法人税とは何ですか?
香港法人設立QA 法人税は会計年度の確定に基づいて課税されます。年度が終わらなければ、利益が確定しない為、それまでは暫定法人税が徴収されます。利益が確定したら、徴収した暫定納付法人税が、本年度の法人税に当てられます。

 

 

 

香港法人設立QA どのような場合に、香港法人は法人税が免除されますか?
香港法人設立QA 会社の収入が香港源泉ではなく、また、香港に事務所を設けておらず、スタッフも現地雇用がなければ、法人税の課税対象となりません。

 

 

 

香港法人設立QA 香港法人は、銀行口座を持ち、中国会社の代わりに、収入の受け取りと支出の支払いを処理するだけですが、会計処理、会計監査と税務申告の必要がありますか?
香港法人設立QA はい、必要です。たとえ、香港法人が単なる中国会社の代わりに、収入の受け取りと支出の支払いを処理するだけでも、代理サービス業務と見なされますので、得られた手数料を収入にしなければなりません。

 

 

 

香港法人設立QA 当社は中国の外資銀行に口座を開設し、香港に銀行口座を持っていませんが、香港での税務申告が義務付けられますか?
香港法人設立QA 香港の法律に基づいて、香港法人は、業務が香港で発生するかどうか問わず、香港税務局に財務状況を申告する義務があります。もし、香港源泉の収入でなければ、税務局に免税申請が出来ます。

 

 
香港法人設立top 香港法人設立の流れ 類似商号調査 申し込み お問い合わせ 会社概要