香港 法人設立

香港法人設立のメリット

 

香港は政策として外国人による新規法人の設立を歓迎しています。

 

香港では、新規法人設立及びその運営に様々な優遇を与えていますが、
その根本は特別行政区たる香港の政策にあるといえます。

 

これは疑似的に国策と考えても良いでしょう。古来、国策に則ったビジネスは成功します。

 

したがって、法人設立はそれを歓迎する土地で行うのがもっとも効率的です。

 

米国ヘリティッジ財団は2012年度、経済自由度インデックスにおいて香港を18年連続1位と評価。

 

以下に上げるメリットは、企業を歓迎するという香港の政策の結果なのです。

 

 

 

香港では税制のメリットを受けられる
香港は低税率の制度を享受できる場所である

 

香港法人税16.5%、所得税一律15%、キャピタルゲイン非課税、相続税撤廃済、
青色申告せずとも経費算入が可能。

 

 

香港は会計制度が整備されている
税務を支える会計のコストが安価でシンプル

 

 

香港法人は設立と解散が容易である
香港では小資本でも法人を設立可能。解散時のコストも安価でシンプル

 

 

地理的に好条件である
日本から数時間で物理的な移動が可能。日本に一番近い低税率のビジネスセンターである

 

今後も経済の高成長とその成熟が期待される中国の特別行政区である。

 

 

クオリティの高い金融サービスを受けられる
アジアの金融センターとして優れた銀行システムが確率されている

 

HSBCという英系巨大銀行の本店があり、金融は英国の影響を強く受けている。
資金の移動が非常にスムーズに行え、クオリティの高い金融サービスを受ける事ができる。

 

 

その他、香港法人設立でのメリット

公用語として英語が使われてる

 

公文書として英語が返還後も使われていることにより、世界を舞台にビジネスをする上で登記等、公文書を日本語から英語に翻訳する手間が必要ない。また、認証も簡易なものがある。

 

人件費が低い

 

人件費が日本に比べて圧倒的に安い。実際に人材を雇用をしなければならない場合、日本と比べて人件費を圧縮することができる。

 

地震のリスクが低い

 

ユーラシアプレート上に位置する香港は、地震のリスクが非常に低い。
政府発表のデータによると震度5クラスのものは15−20年に一度。震度7クラスのものは350−400年に一度あるかどうかとされている。


 
香港法人設立top 香港法人設立の流れ 類似商号調査 申し込み お問い合わせ 会社概要